悩みのない肌になろう【目立ついぼは手術で切除】

美容外科の治療費

医者

保険適用と自由診療

いぼは紫外線により皮膚が老化するなどの加齢が原因のものと、外的要因で出来た小さな外傷からウイルスが皮膚内に入り発症したウイルス性のものとあります。多くがウイルス性のいぼで液体窒素とレーザーを使い治療を行います。液体窒素の治療は綿棒の先に液体窒素を染み込ませ、いぼに先端を当てて壊死させる治療です。当てた箇所は低温やけどをした状態になり色素沈着する場合があります。また、低温やけどを人為的に起こすので施術する時には痛みも伴います。ウイルスが皮膚の奥底に入り込んでいる時には何度も施術を受けなければいけないので精神的に負担がかかります。しかし、液体窒素を使った治療は保険適用となるので金銭の負担は小さくなります。初診料や再診料を入れても1回の治療費はあまり高くはなりませんから、何度も施術をしなくてはいけない時には負担を少なくできます。レーザー治療は自由診療なので金銭の負担は大きいのですが、液体窒素を使った治療よりも痛みが小さく色素沈着のリスクもあまりないので費用がかかっても選択する人もいます。料金はクリニックでかなりの差があります。いぼの個数や大きさで設定されていて、1箇所で2,000円から5,000円ぐらいが多く、中には30,000円かかるクリニックもあります。また、保険適用の為安い印象のある液体窒素の施術も回数が多いと高い費用となります。レーザー治療は費用が高いのですが、1回の施術の効果が高い為、液体窒素を使うよりも少ない回数で済む場合があります。治療を受ける前にはトータルでいくらかかるのか確認すると良いです。いぼは放置しているとどんどん大きくなります。できれば早く治療する方が費用だけでなく体の負担も小さくて済みます。もし、大きくなり液体窒素やレーザーの治療では対処できなくなれば切除縫縮手術をする事になります。保険適用ができる手術であれば5,000円程度で済み場合もあります。しかし、保険適用がされない場合の切除縫縮手術であればクリニックによって金額は違いますが50,000円から150,000円もかかることもあります。切除縫縮手術を避けるためにも早めの治療が望ましいです。

顔を触る人

美しい体であるために

整形のイメージが強くある美容外科ですが、それ以外にもいぼの治療やニキビ跡の改善といった手術を行っています。美容外科でいぼ治療する場合、最新の機械や優れた技術を持っていることからも、現在人気を集めています。

婦人

きれいな肌を目指すために

首元や顔にできるいぼは、脂漏性角化症とも呼ばれています。いぼをとっていく治療方法にはいくつかありますが、手術治療ではどうしても傷跡や痛いの問題が生じてくるので、まずは冷凍凝固術や炭酸ガスレーザーなどの治療方法を考えてみるのがよいでしょう。

ナース

肌を美しくするためには

首や顔にいぼが見つかった場合、病院へ行って治療を受ける方も多いでしょう。その際、手術治療をしないのであれば、治療法として炭酸ガスレーザー治療や凍結療法があります。それぞれに特徴があるので、その特徴を頭に入れた上で治療を考えるべきでしょう。

カウンセリング

理想の肌をゲットする

いぼが気になる場合、どこで治療してもらおうか悩むこともあるでしょうが、美容外科へ行き手術してもらうのがベストです。その際、きちんとした知識やスキルを持っている医者を選んでいき、その医者とじっくりと相談しながらいぼ手術へ挑むのがよいでしょう。

美容整形

今よりも肌を美しく

いぼというのは古い角質が集結してできた角質粒のことです。今のいぼ治療には様々ありますが、冷凍凝固術のやり方ではいぼの根を完全に消滅させることは難しくなってきます。また手術を通してなくしていく場合、傷口に気をつけていくことが大切です。