女性

今よりも肌を美しく

美容整形

様々な治療方法がある

顔のいぼというのは自身で気づかないうちに進行していき、その際人からどう見られているのか気にしてしまうこともあります。では、いぼとは何なのかというと、古めの角質が集結してできた角質粒のことを言います。自身の年齢も関係してきますが、数多くのストレスを受けることでいぼが生じやすくなります。治療でいぼをなくしていく際必ず手術を行っていくわけではなく、最初にいくつかの治療方法でやってみて、その治療方法でどうにもならない場合には手術をします。この手術に関しては、体だけでなく心にも負荷がかかってくるものでもあるからです。そこで、いぼの治療にはどういったものがあるかというと、液体窒素を使用した冷凍凝固術と言われるものがあります。温度がマイナス196度の液体窒素を治療していく部分に当てていき、いぼそのものを消滅させていく方法です。ただ、ここで気をつけたいのは冷凍凝固術のおいてはいぼの軸を消滅させることが不可能なケースもあります。そして、治療した後にやや痛みが生じることもあるため、その症状によっては限られてきます。それから、他の治療方法としてはヨクイニン内服と言われるものがあります。ヨクイニンという名のハトムギなどに含んでいる成分になりますが、このヨクイニンがいぼの赤みを軽くしていき、皮膚が回復するのをサポートしていきます。ヨクイニンを含んだ薬を口にすることで、いぼを体の中から治療していくということです。ですが、内服になるため効き目が出るのがやや遅く、場合によっては何ヶ月も後に効き目がやっとわかってくるという治療方法です。よって、これらの治療方法を駆使して行うのが一般的ですが、それでもなくならないものも存在します。その際には手術を行っていくというわけです。手術を通していぼをなくしていく良い点にはいくつかあり、ほとんどのケースにおいては一度だけ手術を行えばなくしていけます。また、保険が利用できることからも治療費が高額になることもなく、安心しながら手術を受けられることも良い点です。なお、手術の際には傷口に菌が入っていかないよう、きちんと意識するよう気をつけましょう。