女性

きれいな肌を目指すために

婦人

いくつか存在する治療方法

顔や首元に生じるいぼを気にしてしまい、病院へ行って治療を受けてみたいと思われる方が、もしかしたらいるかもしれません。顔や首元のいぼに関しては、脂漏性角化症とも言われていて、30代よりも上の男性女性によく見られる腫瘍です。皮膚の老化が始まった証とも考えられていて、摩擦・紫外線から受ける刺激がもとで起こり、普段の生活において悩みの種となっています。脂漏性角化症とは何かというと、皮膚疾患の中でも治療があまり難しくないものであり、その疾患にぴったりな治療をやっていくことにより、きちんとした結果が現れるでしょう。よく皮膚科でやっている治療方法にはどういったものがあるかというと、炭酸ガスレーザーと冷凍凝固術の二種類があります。冷凍凝固術に関してですが、綿棒に液体窒素を含ませ、その状態でいぼに当てていくという治療方法です。そして、何日か経過した後治療した部分にかさぶたがつくられ、さらに何日か経ってから自然にかさぶたがなくなります。このことからも、簡単かつリスクもあまりない治療方法となっています。それから、脂漏性角化症の治療方法において、どの治療よりもきれいに仕上がるとされているのが炭酸ガスレーザーを使用した治療です。局部麻酔を施した後いぼのある部分にレーザーを当て、焼きながらカットしていきます。たった一回の治療で治療は終わるため、その後何度も病院へ行かなくてもすみます。では、メスを使う手術治療はどんな具合で手術を進めていくかというと、局部麻酔をやってからメスを用いていぼをカットする方法で行われます。ただし、その他の治療方法と比較してもリスクが大きいので、基本としてはどの治療方法も自身に適さなかった場合に行われるケースがほとんどです。中には、いぼをすぐにでもなくしたいという理由から、何も知らないままいきなり手術したいと医者へ頼む方もいます。手術治療というのは、治療した後傷跡が目立ってしまうことやの痛みが少し走ることも多少あるので、まずは別のやり方を通していぼをとっていくのが良いでしょう。