女性

肌を美しくするためには

ナース

治療それぞれの特徴とは

歳を重ねるとともに、顔や首元にいぼが生じてくることもあるでしょう。そこで病院へ足を運び、いぼを完全になくしたいと考える方も中にはいるかもしれません。いぼの治療に関しては、一回の治療で確実に終わるとは限らないため、何度も繰り返し治療し続けていくと心配になってくるのが金額でしょう。仮に、金額がずっとわからない状態でいると、会計時までストレスがたまる一方です。ですが、いぼの治療にかかってくる費用は、考えるよりも高額になることはありません。手術治療をせずに行う最も代表的な治療として凍結療法がありますが、一回につき1000円ほどで治療を受けることが可能です。もし、いぼの状態が悪いようであれば、外科手術を受けることになりますが、一般的には健康保険を利用することができます。漢方療法と凍結療法のふたつをあわせたとしても、薬にかかる費用も込みで、一ヶ月分の治療費はおよそ3000円から4000円程度ですみます。けれど、健康保険が利用不可能ないぼ治療もあり、レーザー治療においては自由診療としてみなされます。料金に関しては、ひとつの部分につき高くなれば3万円くらいになることもあるので、覚えておきましょう。手術治療以外の治療方法でもうひとつ凍結療法がありますが、色素沈着・痛みが若干残ってしまうという特徴があるので、たとえ高額になってもレーザー治療を選択する患者も少なからずいます。いぼ治療に使用されるメインのレーザーですが、炭酸ガスレーザーというレーザーになります。いぼの大きさや場所により痛みが生じるやすくもなるため、局部麻酔を利用していきます。麻酔をかけずにレーザーを当てていくと、痛みがやや走るかもしれません。その痛みのたとえとしては、まるで輪ゴムをパチンと弾いたような感覚と似ていると言われています。レーザー治療は痛みが軽くてすむという特徴があることからも、多くから人気を集めています。治療した後は、いぼの部分にテープをきれいに貼り付け、炎症を起こさないよう保護します。施術を行いしばらく時間が経過すると、徐々にかさぶたがつくられていき、やがてかさぶたは取れていきます。また、いぼというのはそのままにしても自然に完治することはなく、そのまま広がっていくとメスを使って手術治療することにもなるので、手術をさけるためにも早めに治療していくことを心がけましょう。